【2020年8月】すぐに始められるわがやの節約術(100万円達成!)

お金・ライフハック
スポンサーリンク

引っ越し等で貯金がほぼゼロになり、

結婚資金のために2人で貯金を始めようと決意!

独身時代、毎月の預金残高は3000円でした😂(笑)

結婚を機に、2020年5月から貯金開始!

 

実際に、貯金100万円を達成した、わがやの貯金術から

だれでもできる貯金スリーステップを紹介します(*’▽’)

スポンサーリンク

ステップ1:貯金額を決める

よーし!年間200万貯金!と、目標をたてることも良いですが

わたしの性格上、頭の中の理想止まりで

スーパーで10円安いものを探すくらいしか行動しませんでした。

 

 

オススメは、毎月の貯金額を先に決めることです!

 

税金を引いた手取り収入の2割ボーナス全額を貯金しています。

わがやの場合は、夫の収入と合わせた合計手取りから計算しています。

 

このあと、生活費等をかんがみて、貯金額が現実的でなければ

訂正すればいいだけなので、とりあえず決めましょう(^^)/

ステップ2:残りのお金で生活費をふりわける

理想の割合から予算を考えてみましょう😄

(手取りの〇%で書きます)

理想わがや
貯金20%33.3%
住宅費26%28%
水道・光熱・通信費11%4.3%
民間保険・奨学金5%10.8%
食費・日用品14%11%
交際費・趣味24%12.6%

貯金額を先に決めて、残りのお金で生活を楽しむスタイルにしたことで

かんたんに、めんどくさがり&元浪費家のわたしでも貯金ができています😄

貯金には、銀行貯金+つみたてNISAの合計額です(^^)/

表にしてみて、改めて反省点を発見できました(*’▽’)

 

Googleのスプレッドシートで毎月の結果を管理しています😍

無料で利用できますよ(^_-)-☆

ステップ3:理想の家計に近づける

支出は、固定費と変動費にわけられます😄

固定費は
貯金(つみたてNISA含む)、住宅費、水道・光熱費、通信費、奨学金、民間保険費
貯金も固定費に入れます!
変動費は
食費、日用品、美容費、趣味、交際費、贈りもの、学習費など
さぁ!ここからが大事なポイントです😄
貯金以外の固定費をいかに安くするかが重要です!

固定費は生活費に占める割合が高く、一度安く設定するだけでOKなので、ラクチン&効果的です★

わがやの実例

携帯代

非常に高かったので、ドコモ・auから楽天にしました(^^)/

機種代を入れても、2万円減できました😄

楽天の通信に不安がありましたが、満足に使えてます!

保険料

保険の内容を見返して、自分には不要だと思ったので

わたしの分は、すべて解約しました(^^)/

 

夫の保険料が異常に高い、、、

外貨建て保険など、いま辞めるように説得中です(笑)

 

保険は掛け捨て生命保険のみにして、

病気・ケガで急に必要となった費用は、預貯金でカバーしたいと思っています😄

 

給湯

節約になっているかは分かりませんが、

入れる時は一緒にお風呂につかっています!

疲れもとれるし、バスタイムが二人で話す時間になっています😄

 

細かいですが、電気ケトルや炊飯器のコンセントは抜いています!

食費

これまでは、夫婦そろって

毎日ペットボトルのお茶を買って、お弁当を買っていました😂

 

水筒&炊飯生活スタートしました(*’▽’)💗

仕事後も、休日も料理はめんどうなので、基本的にはお惣菜に頼ってます(笑)

お米を5号炊いて、冷凍しておいて

職場におにぎりだけ持っています😄

100万円達成

わたしはボーナスがなく、夫のボーナスのおかげでもありますが、、😂

元浪費家が100万円貯金できるなんて感激です!!!(笑)

わがやのこれから

住宅費が高いので、引っ越しを考えています😄

今の住居は新築にこだわっていましたが、最近は中古リノベーションに興味をもっています★

 

あとは、保険見直し&解約

これで固定費を下げて、夫の証券口座をつくって、つみたてNISAを活用したいです!

 

 

わたしの場合、変動費を削りすぎると、精神的にストレスになりやすいので

固定費を下げたら、あとは自由に生活することを心がけています(*’▽’)

 

 

しあわせなお金の使い方をしつつ、資産をふやしつつ

ふたりの生活をより楽しいものにしましょう😍

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

では!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました