【結婚祝い】遠くていけない!そんなときは電報を贈ろう

結婚・夫
スポンサーリンク
スポンサーリンク

結婚式に招待されたら?

結婚式に招待されたら、

礼儀として、お祝いの気持ちとしてご祝儀を贈ります。

 

招待状が届く前に、新郎新婦から事前に連絡が来て

出席したい!と返事をした人に招待状を送ることが主流になっています。

これで、ざっと出席者を洗い出しています。

欠席と言うタイミングがいくつかあり、

ご祝儀の相場が変わります!

 

招待状にもお金がかかりますし、

会場に合う人数・ゲストの男女比をバランスよく

揃えたいので、事前に連絡がきますよね😄

キホンの相場

結婚式に行く場合の相場は、友人であれば3万円(^^)/

行けない場合は、この1/2~1/3なので、1万~1万5千円!

現金を包んで送る場合は、キリのいい1万円か2万円が良いでしょう😄

欠席を伝えるタイミングによって異なる

じぶんの結婚式に出席してもらい、ご祝儀をもらっている場合

同額が望ましいです😄

招待状が届く前に欠席連絡

5千円~1万円程度が相場です。

お金を包んで贈るのも良し、何かプレゼントを贈るのでも良し😄

招待状で欠席と返事

👆と同じ5千~1万円ですが、

“招待状を送るかどうか”で連絡が来て、”出席”と返事した場合は1万円が良いです😄

挙式の1か月以上前に招待状で欠席

ゲストのお食事・引き出物などをキャンセルできる、ギリギリの期限なので

欠席が決まったらすぐに連絡しましょう。

1万円前後が相場ですが、しっかり詫びましょう😄

招待状で出席👉挙式の直前に欠席連絡

出席するつもりで用意していたご祝儀(3万円)をお送りするのがマナーです。

お祝いの気持ちと、お詫びの気持ちを直接or電話で丁寧に伝えた方が良いです😄

 

欠席する場合

・遠くて行けない

・仕事を休めない

・子どもが小さくて行けない

などの理由で欠席することもありますよね😫

 

欠席する場合は、

できれば本人に直接会ったり、電話をするなどして、

結婚のお祝いを十分に伝えた後に、残念ながら出席できないことを伝えます。

 

そのときに、ご祝儀を渡しましょう(^_-)-☆

 

欠席の理由については、もちろん説明は必要です!くわしく言わなくても◎

欠席の時は、ご祝儀を贈ろう(^^)/

結婚祝いを贈るタイミングは、結婚式の1~2カ月前

結婚式に招待されていない場合は、結婚式後1カ月以内がマナーです😄

現金を送る

現金書留封筒に、ご祝儀と手書きの手紙を送りましょう(^^)/

ご祝儀を入れたご祝儀袋手紙を用意して、郵便局に行きましょう😄

現金を送るには現金書留でなければいけません!

 

金額・大きさによって郵送料が異なりますし、

送り方にも決まりがあるので、

郵便局に行って、教えてもらいましょう(^^)/

電報を送る

式場にも新居にも置けて、会場を華やかにするバルーン電報や、ギフト付電報がオススメです😄

オススメの電報会社は、コチラ👇

ベルビーWebshop!

1万円前後の電報がそろっており、

ミッキー、スヌーピー、ミッフィー、キティちゃん などのぬいぐるみセットや、

ル・クルーゼのペアマグカップのセット、

バルーン電報、ハーバリウム電報があります😘

 

ご覧になれば分かりますが、結婚式のウェルカムスペースにぴったりです!

 

 

個人的に

和装ミッフィーのウェディングドールを

だれかに贈ってもらいたいです😙(笑)

 

 

生花を送る

結婚式がおこなわれる会場近くのお花屋さんに依頼するのがベターです😄

生花なので、送るタイミングに注意しましょう(^^)/

 

 

参考になれば幸いです(*’▽’)

最後まで読んでくださってありがとうございました!

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました